一緒に旅行しましょう

「人生は冒険か、平凡の2つである。」

貢いでくれる人

 39歳の主婦です。パートの収入が不安定になっていたんです。それは新型コロナです。落ち着きを見せたかと思えば、またも活性化してしまう新型コロナ。現在では第7波に突入したなんて言われていたりもするのです。これが続けば、生活は干上がってしまいます。本気で、収入なんとかしなければという恐怖心が芽生えていました。
 同僚が、気前良くランチをご馳走すると言い出した時、目を丸くしました。なんで、そんなお金があるのか?聞いたところ「金づるの男性と出会えたんだよね」と言うのですから。これは正直、かなりの驚きを感じました。同僚は、私と同じように極度に太った肉体の持ち主。それが、金づるの男性と出会えたと言うのですから。また、肉体関係を作っていると考えてしまいました。「違うよ、そんな関係作らないから」「どうやってお手当を?」「食事デートだけなんだ」「デートパパ?」「そうだよ」この言葉、衝撃以外のナニモノでもありませんでした。
 金づるの男性との馴れ初めを聞いてみたのですが、出会い系アプリの利用だったようです。アラフォーでも需要があること。デブでも、デブ専男性が気に入ってくれることを教えてもらったのです。
 収入に困っている、太っている私。体の関係もなく、精神的繋がりもいらないパパを作るため、出会い系に登録してしまったのでした。
 金づるの男性と出会うため、必死に出会い系アプリの掲示板に投稿を繰り返しました。その結果、デブ専パパとの出会いがやってきたのです。顔合わせで、太った私を見て大層な笑顔を見せてくれたパパ。信じられない金額、3万円提示をしてくれたのでした。
 下品な関係を作ることがないのです。一緒に食事をするだけなのです。アラフォーでデブの私が、3万円を定期的に受け取れるようになったのでした。
会わないパパ活
デブのパパ活
シングルマザーのパパ活


I BUILT MY SITE FOR FREE USING